« 犬も・・・ | トップページ | えびちゃん »

2010/09/28

小夏

小夏の具合が余りよくない。

2~3週間前、嘔吐から始まり食欲低下、元気が無い、歩くことも嫌がり病院へ。

それから食欲も元気も戻り安心していたらまた元に戻って・・・

いや、

元よりいい状態ではなさそう。

病院であらゆる検査の結果、

考えられるのは「甲状腺ホルモンの低下」「溶血性貧血」

先生も頭を抱えている状態。

なんせ原因が不明。

んー困ったもんだ。

今現状、貧血が酷く一時は体温低下もあったので「溶血性貧血」が確実の模様。

「溶血性貧血」とはhttp://www.petwell.jp/disease/dog/youketsuhinketsu.html

↑こちらを参照。(長くなりそうなので)

まず食べて体力を戻すことが重要なのに一切食べてくれないので、

先生からの許可を得て、ドッグフード(ふやかした物)を少量ずつ詰込。

犬用の介護流動食と犬用ミルクを混ぜ暖めて人肌程度の温度になったら注射器(スポイトのようなもの)で口に注入。

体温が下がらないように洋服を着せ、ほっかいろを付けてスリングのなかに入れる。

人の体温のほうが心地いいのか良く眠っています。

彼女も若くないので心配です。

そして極め付けなのが、

レントゲンもとってもらったら、

ナント!

娘の髪の毛を結うゴムが胃の中に!!!!!!!!!!

いつの間に食ったのか・・・

もう参る。

このゴムで胃が荒れている可能性もあるけれど、

吐かせるなり内視鏡や開腹なりで取り出しても麻酔で逝ってしまう可能性が『大』なので、

こちらは先生と相談して体力が戻ったらということに。

まぁ、それならコヤツ(ゴム)が今悪さを起こしているわけではなさそうなので一安心。

それにしても仮眠状態が続く私は5歳は老けたかもしれないな(笑)

より若作りせねば(爆)

明日も病院。

毎日病院。

少しでも寝るかな。

« 犬も・・・ | トップページ | えびちゃん »

うちの犬たち -My dog-」カテゴリの記事

コメント

せっかく迎え入れた小夏ちゃん、心配ですね。
やっぱり食べる意志の有る無しって、生命力につながりますよね。
暑くて夏バテだったのかと思ってましたが、急に涼しくなったのも良くないかもしれませんね。
今年は、秋バテがあるって言ってましたし。
 
ゴムって、レントゲンに映るんですね~。
かんたろうのお腹の中は、いろんなものが入ってると思います。
恐ろしいですが・・・。

早く良くなって、また一緒に遊ぼうね~。

ムッチさ~ん、

お久しぶりでーす。
ご無沙汰しております。

点滴じゃぁ、あまり栄養も摂取できないということで出来るだけ口から食べ物を入れるようにとのことなんですが、それも若干拒否ぎみの小夏なんです。
少々、無理にでも詰め込みで頑張ってます。
詰め込みも1回の量をあげすぎると吐いちゃうのでホント数粒のフードしかダメで(泣)

ゴム、薄っすらですが写ってましたぁ。
レントゲンで発見したの私なんですが「アレッ?!」と思った瞬間、若干情けないというか笑ってしまいました。

マークも色々娘のおもちゃの解体をして食べちゃうんですが、
ウンチと出るのでまぁー大丈夫だろうと。

かんちゃんも色々お口にしちゃうんですか?
一体、かんちゃんのお腹には何が入ってるんでしょうね・・・

早く元気になってもらって、
水元にエビちゃんの放牧に行かなくちゃですよね(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 犬も・・・ | トップページ | えびちゃん »